PressRelease

103ヶ国語翻訳対話型チャットBOTによる民泊サービス「Airbnb」問い合わせのリアルタイム翻訳応対を実現

様々な国籍の方が来訪するAirbnbをつかった民泊で、宿泊に関する問い合わせや設備の使用方法、周辺環境や日本についての相談事を103ヶ国語対応の対話型チャットBOTでサポート

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。

この度、様々な国籍の方とのコミュニケーションが発生するAirbnbに対応した。

民泊運営において、言葉が上手く伝わらなかったり文化の違いをうまく説明が出来ず、お互いに不快な気持ちになる事が発生する。また、よくある質問で、予約前の質問や、到着までの道順の説明、鍵の受け渡し方法の説明、設備の利用方法についての相談など、相談されると答えられるがすぐに応対が出来無いような事を、人工知能による対話型チャットBOTを使う事で利用者が自主的に解決が出来るような仕組みが出来上がる。また、ウェブに説明資料を用意していたとしても言語が読めなかったり、パケットの限度額が上限に達していてウェブにつながらないなど、結果的に家主が応対する必要がある。
こういった日常的な課題に対してSMART INTELLIGENCE NETWORKを利用吸う事で、メールやSMS、電話を使った応対を自動化する事が可能となる。

人工知能応対型チャットBOTによる三菱東京UFJ銀行API接続を実現

三菱東京UFJ銀行で提供されている取引確認用のAPIへの接続を行う事により、会話と並行して入金の確認を実施する事でチャットBOT内での会話と並行して入金処理を行い会話のやり取りによる契約処理や注文処理などが可能となります。

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。この度、同サービスより三菱東京UFJ銀行が提供する銀行APIへの接続を完了した。実際のサービスの利用には本や契約が必要となる為試験利用に限るが、これによりチャットBOT内での会話と並行して入金処理を行い会話のやり取りによる契約処理や注文処理などが可能となります。

人工知能チャットBOTに手動割り込み機能を実現。ユーザー毎の切り替えを実現する事でカスタマーセンターでの活用に対応

チャットBOTによる応対に割り込み機能を加える事により、一次応対や手が回らない応対をチャットBOTに任せ手が空き次第有人応対に切り替えるといった新しいサポート体制の構築が可能となります。

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。これまで
チャットBOTと言えば、あらかじめ設定されたトークスクリプトを繰り返すだけであったが、この度手動応対機能を実現。これにより、チャットBOTを使った複雑なコミュニケーションが可能となった。問い合わせの要件確認をチャットBOTでまとめることで、有人に引き継ぐ際に問い合わせの目的や要望を受付前に確認ができる為、適切な担当者への割り振りも実現可能となる。

SMART INTELLIGENCE NETWORKとゲームエンジンのUnityの接続が実現。VR/MRサービスにおいて、人工知能を活用したリアルタイムコミュニケーションが可能となります。

ゲームエンジン大手のUnityへの接続を実現させたことにより、SMART INTELLIGENCE NETWORKにて提供している、あらゆるサービスをVR/MR空間内で実現可能となりました。文字や音声だけではなくVR/MRコンテンツの特性を活かしたリアリティのあるコミュニケーションサービスが実現できます。

人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、ゲームエンジン大手のUnityとの接続を実現しました。Unityは、3Dゲームを中心とするゲームエンジンになり。VR/MRサービスを開発する上で基準となるプラットフォームとなります。高性能VRヘッドマウント大手のHTC社VIVEなど、ハイパフォーマンスなサービスに限らず、iPhone/AndroidなどのスマートフォンによるVRコンテンツにも使用されるプラットフォームの為、汎用性も高く、また実用性に欠けていたVR/MRを装着した没入環境において新たなコントローラーや操作性をアシストする機能としての活用も可能です。これまでSMART INTELLIGENCE NETWORK内に接続してきたコミュニケーション機能や様々なコンテンツの検索機能、翻訳機能、ブロックチェーン、音声によるコミュニケーションもそのまま使用できます。

人工知能による自動応対チャットBOTに接続できるサービスが増えました

人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、同社の開発するSMART INTELLIGENCE NETWORK上に接続できるアプリケーションを追加しました。これまで接続されていたLine@/FacebookPage/SMS/電話に加えて、Microsoft Teams/Skype/Slack/Web Chat/Twilio/Eメールへの接続が可能となった為、プライベート利用の多いLineやFacebookとは違うビジネス利用への対応を強化しました。

仮想通貨トークン連動型プラットフォームの実用ベースに向けた協業開発パートナー募集

人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨のトークンによる資金調達手段として盛り上がりのあるICOの側面にある発行トークンの運用方法に同社のSMART INTELLIGENCE NETWORKが活用できるとして、実用ベースに向けた協業開発パートナーを募集。
同社のプラットフォームは人工知能を使ったチャットBOTによるコミュニケーションサービスとなるため、応対プロセスの作り込みによって様々なサービス展開が可能となる。また、103ヶ国語対応になるため、国別の経済圏を持たないブロックチェーン技術やICOとの親和性は高い。現在、機能拡張フェーズを進行しているSMART INTELLIGENCE NETWORKを使って実用ベースの運用にむけた試験に協力頂ける協業パートナーを募集します。募集条件などにつきましては下記の通り。

【募集条件】
1.法律に基づいたホワイトペーパーの作成が済んでいるプロジェクトであること。
2.協業開発という事を前提に取り組んでいただける事

【期間】
1.協業先選考機関
2017年10月18日~2017年10月31日(早期に決定し開始の場合も有ります)
2.要件定義~試験導入
1カ月程度を想定
3.試験期間
半年程度を想定
試験期間終了後は協議の上本サービスとして運用または運用終了を決定
4.募集件数
5社

【費用、権利】
1.試験開発費用について
開発内容を定義の上要相談
2.権利について
試験中に実施した結果や改善項目についてはBRAINの物とする
顧客との応対内容については協業先の物とする
(詳細は協議の上決定)

人工知能と自然なタイミングでの対話が可能。口語によるリアルタイム自動音声応対機能を実現

待ち時間のない自動応対システムで人との対話のように、スムーズなやり取りを実現する事で未来的なコミュニケーションが可能。

人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、電話や音声サービスによる人と話すように自然なタイミングでやり取りが可能なリアルタイム自動応対システムを実現。通常の電話応対システムでは音声を聞きながらテンキーを操作するシステムが主流ではあるが、当システムは自然な口語による音声操作が可能となる。音声認識を人工知能によりサポートする事で利用者の目的を口語から推察し必要な案内につなげる事が可能になる為、これまでのようなシナリオを必要としないコミュニケーションが実現できる。コールセンターのオペレーターへの接続待ちの時間を有効活用して顧客の要件を取りまとめ、有人応対時により具体的な顧客ニーズを事前に確認したり、商品やサービスに関する使用方法をサポートする事が出来る。応対履歴はこれまで同様SMART INTELLIGENCE NETWORKにて補完するため、電話や音声サービスでの応対履歴をFacebookやLineなどほかのサービスに補完する事も可能となる。

【お問い合わせ先】
株式会社BRAIN
〒541-0054 大阪市中央区南本町3-2-9本町今岡ビル4F
TEL 06-4400-5287 MAIL contact@brainholdins.co.jp
URL http://brainholdings.co.jp/

人工知能とビットコイン、イーサリアムなどブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトの実用に向けた協業開発パートナー募集

BRAINが設計開発を行う、SMART INTELLIGENCE NETWORKの業界試験を実施する為に協力いただける協業パートナーを募集します。

 人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、人工知能を積んだチャットBOTとブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトの実用に向けた協業開発が可能なパートナー募集します。ビットコインやイーサリアムを含む、ブロックチェーン技術と暗号化サーバーを技術を用いる事で、ログデータを第三者を交えた形で保管する事により改ざんや不正処理を防ぐ事が可能です。当プラットフォームでは、様々なコミュニケーションツールとのやり取りが可能な為、電子商取引や約束事などのやり取りを公開台帳を通じて保存する事により健全な取引が実現可能です。また、103ヶ国語対応のリアルタイム翻訳機能を使う事で言葉の隔たりを大きく軽減したコミュニケーションが可能となる為、事業規模を問わず気軽に世界中へ進出が可能になります。現在、機能拡張のフェーズを進行している当プラットフォームですが本サービスの提供を前に、当プラットフォームを使ったサービス展開やカスタマーサポート、人材教育などにおいて、実用ベースでの試験に協力頂ける協業パートナーを募集します。募集条件などにつきましては下記の通り

【募集条件】
1.SMART INTELLIGENCE NETWORKの機能の範囲による試験を了承頂ける事
2.日本と日本以外において事業展開を行っている事
3.自社商品またはサービスを持っている事
4.協業開発という事を前提に取り組んでいただける事

【期間】
1.協業先選考機関
2017年10月16日~2017年10月31日(早期に決定し開始の場合も有ります)
2.要件定義~試験導入
1カ月程度を想定
3.試験期間
半年程度を想定
試験期間終了後は協議の上本サービスとして運用または運用終了を決定
4.募集件数
20社

【費用、権利】
1.試験開発費用について
試験科目にもよるが運用に関わるトランザクションコストの実費程度を想定しています。
2.権利について
試験中に実施した結果や改善項目についてはBRAINの物とする
顧客との応対内容については協業先の物とする
(詳細は協議の上決定)

人工知能との応対履歴をビットコイン、イーサリアムなどブロックチェーンへ記録。スマートコントラクトを実現

SMART INTELLIGENCE NETWORKを通じて行った応対記録を暗号化して保存。呼び出し番号を公開台帳に記録する事で情報の改ざんや不正処理を防いだ公平な電子商取引や予約サービス、国際間取引契約に利用可能。

株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)が設計、開発する、SMART INTELLIGENCE NETWORKは人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォームです。FacebookやLineなど様々なコミュニケーションツールと追加でアプリをインストールするなど面倒な手間をかけることなく、人工知能とチャットBOTによってアシストされた様々なサービスが利用可能です。人工知能とチャットBOTによる応対は自然な会話でやり取りが可能で実装済みの103言語であれば、世界中どこからの問い合わせにも応対が可能ですので、一般的な問い合わせ応対に限らず、商品やサービスの良さを対話方式で説明したり、理解度を確認しながら教育を進る事も実現可能です。
これまでには無かった様々な環境を提供する「SMART INTELLIGENCE NETWORK」では、暗号通貨のプラットフォームとして、世界中で利用者が急増するブロックチェーン技術を使ったビットコインやイーサリアムを公開台帳へとして記録する事により、情報の改ざんや不正処理を防いだ公平な電子商取引や予約サービス、国際間取引契約を実現する事が可能となりました。

人工知能のSMART INTELLIGENCE NETWORKと、検索サーチエンジンやコンテンツサービスの接続を開始

人工知能を搭載したマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK」は、Microsoft Bingに接続。ニュースや画像、動画など検索サービスを使えるようになりました。103ヶ国語翻訳の機能を使う事で検索ワードを変更する事無く他言語・他地域での検索結果にアクセスできるようになります。

株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)が設計、開発を進める、「SMART INTELLIGENCE NETWORK」は、Line/Facebook/SMS/MMSなどメッセージサービスにおいて追加でアプリやサービスを入れることなく人工知能による学習をする103ヶ国語対応の自動応対型マルチコミュニケーションプラットフォームです。

この度、Microsoft社の検索サーチエンジン「Bing」に接続をすることで、リアルタイムなニュース情報、画像、動画などに接続ができるようになりました。順次接続先コンテンツサービスは追加を予定しております。また、「SMART INTELLIGENCE NETWORK」は、世界103ヶ国語に対応しており言語モードを切り替える事でリアルタイム翻訳を実施可能ですので、他言語で検索した場合へスムーズな検索が実現可能です。