株式会社BRAIN(以下「BRAIN」といいます)が運営するINSTAGRAMアプリ(以下「アプリ」といいます)、BRAINは本利用規約(以下「本規約」といいます)により、ユーザーに対する利用許諾を行います。

1. はじめに
ユーザーは、予め本規約に同意した上でアプリをダウンロード、インストール又は利用するものとします。本規約にご同意いただけない場合、ユーザーはアプリを利用することはできませんので、その場合は直ちにアプリのダウンロード、インストール又は利用を中止してください。

ユーザーがアプリをダウンロード、インストール又は利用する場合、本規約に同意したものとみなします。

BRAINは本規約を変更することがあります。変更後の利用規約は、本サイトに掲示された時点で効力を生じるものとします。ユーザーが、変更後の本規約に同意できない場合は、直ちにアプリを当該端末またはINSTAGRAMから削除するものとします。本規約の変更後にアプリをご使用された場合、変更後の本規約に同意したものとみなします。

2. 著作権等の権利の帰属
アプリに関する一切の権利は、BRAIN又は正当な権限を有する第三者に帰属します。BRAINは、本規約に定める場合を除き、アプリについて、BRAINに無断で複製、編集、改変、解析、公開、放送、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、送信、転載、記録、再許諾、権利の登録、出願等、BRAIN又は著作権を有する第三者の権利を侵害する行為を行うことを禁止します。

3. ユーザーの責任
ユーザーは、ユーザー自身の自己責任においてアプリを利用するものとし、アプリを利用してなされた一切の行為及びその結果、並びに損害について一切の責任を負うことに同意するものとします。
ユーザーは、アプリを通じて入手したいかなる情報およびコンテンツについて、これらがBRAIN又は第三者の著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、名誉その他権利を侵害しないことを自己の責任によって確認した場合に限り私的な目的に限って利用することに同意するものとします。
ユーザーがアプリの利用に関し他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、その他、他人の権利(著作権、商標権、肖像権等を含みますが、これらに限られないものとします)を侵害した場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において解決しなければならず、BRAINは一切の責任を負いません。

4. 禁止事項
ユーザーは、アプリの利用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。ユーザーの違反行為によりBRAINに損害が生じた場合、ユーザーはその損害を賠償する責任を負うものとします。
BRAINの承認した以外の方法によりアプリを利用すること。
アプリを改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングすること。
アプリを私的利用の範囲を超えて、商業・営利目的において使用すること。
BRAIN又は第三者の著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、名誉その他権利を侵害し、またはそのおそれのある行為を行うこと。
法令、公序良俗又は本利用規約等に違反する行為を行うこと。

5. 免責事項
BRAINは、アプリが第三者の権利を侵害していないことを保証するものではありません。万一、アプリが第三者の権利を侵害し、又はその虞があることが判明したときは、ユーザーは速やかにアプリを当該端末機またはINSTAGRAMから削除するものとします。
BRAINは、アプリについてその正確性、妥当性、適用性、有用性及び動作保証、並びに使用目的及び使用機器への適合性及びその他一切の事項について保証を致しません。ユーザーが、アプリに関して損害を被った場合であっても、その損害がBRAINの故意若しくは重過失によるときを除いて、BRAINはアプリに関してユーザー又は第三者に生じた一切の損害について責任を負いません。

6. ユーザーの責務
ユーザーは、アプリに関する関係法令を遵守するものとします。
ユーザーは、本規約に違反した結果、BRAIN又は第三者に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。
ユーザーは、自己の自由意思でアプリをダウンロード、インストール又は利用するものとし、アプリに関し、第三者との間で紛争等が発生した場合、自己の費用と責任において一切を処理解決し、BRAINに何らの損害等も被らせないものとします。

7. 権利義務の譲渡の禁止
ユーザーは、アプリに関するユーザーとしての地位並びに当該地位に基づく権利及び義務を、BRAINが予め承諾した場合を除き、第三者に譲渡し又は担保に供してはならないものとします。

8. 準拠法
本規約の成立、効力、履行及び解決に関しては日本国法が適用されるものとします。

9. 管轄裁判所
本規約に関する一切の紛争に関し訴訟を提起する場合は、大阪地方裁判所を第一審の専属の管轄裁判所とします。

以上