会話の文脈からポジティブな感情を抱いている会話なのか、ネガティブな感情を抱いている会話なのかを判断する事によって、適切な回答を自動的にアシストする事が可能となります。

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。

この度、会話の文脈から会話がポジティブなのか、ネガティブなのか感情の判定を実現。
これにより、応対の状況を見ながら適切な回答が出来ているのかを自動的にアシストする事が可能となる。

応用分野としては、教育、商談、カスタマーサポートなど応用範囲は広い。