三菱東京UFJ銀行で提供されている取引確認用のAPIへの接続を行う事により、会話と並行して入金の確認を実施する事でチャットBOT内での会話と並行して入金処理を行い会話のやり取りによる契約処理や注文処理などが可能となります。

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。この度、同サービスより三菱東京UFJ銀行が提供する銀行APIへの接続を完了した。実際のサービスの利用には本や契約が必要となる為試験利用に限るが、これによりチャットBOT内での会話と並行して入金処理を行い会話のやり取りによる契約処理や注文処理などが可能となります。