チャットBOTによる応対に割り込み機能を加える事により、一次応対や手が回らない応対をチャットBOTに任せ手が空き次第有人応対に切り替えるといった新しいサポート体制の構築が可能となります。

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。これまで
チャットBOTと言えば、あらかじめ設定されたトークスクリプトを繰り返すだけであったが、この度手動応対機能を実現。これにより、チャットBOTを使った複雑なコミュニケーションが可能となった。問い合わせの要件確認をチャットBOTでまとめることで、有人に引き継ぐ際に問い合わせの目的や要望を受付前に確認ができる為、適切な担当者への割り振りも実現可能となる。