ゲームエンジン大手のUnityへの接続を実現させたことにより、SMART INTELLIGENCE NETWORKにて提供している、あらゆるサービスをVR/MR空間内で実現可能となりました。文字や音声だけではなくVR/MRコンテンツの特性を活かしたリアリティのあるコミュニケーションサービスが実現できます。

人工知能によるマルチプラットフォームコミュニケーションを実現するSMART INTELLIGENCE NETWORKを設計、開発する株式会社BRAIN(本社:大阪市中央区、代表取締役 大田真也)は、ゲームエンジン大手のUnityとの接続を実現しました。Unityは、3Dゲームを中心とするゲームエンジンになり。VR/MRサービスを開発する上で基準となるプラットフォームとなります。高性能VRヘッドマウント大手のHTC社VIVEなど、ハイパフォーマンスなサービスに限らず、iPhone/AndroidなどのスマートフォンによるVRコンテンツにも使用されるプラットフォームの為、汎用性も高く、また実用性に欠けていたVR/MRを装着した没入環境において新たなコントローラーや操作性をアシストする機能としての活用も可能です。これまでSMART INTELLIGENCE NETWORK内に接続してきたコミュニケーション機能や様々なコンテンツの検索機能、翻訳機能、ブロックチェーン、音声によるコミュニケーションもそのまま使用できます。